パソコン三昧 やさしい講座 〜第109回 USBメモリで、トラブル対策ツールを持ち歩く〜

USBメモリで、トラブル対策ツールを持ち歩く

HDDの健康状態をチェックする

 HDDの調子がおかしいと思ったらCrystalDiskInfo で診断しょう。HDDのデータを集めた「S・M・A・R・T」(スマート)情報からHDDの健康状態を分析し、「正常」「注意」「異常」のいずれかの診断をしてくれる。

CrystalDiskInfoのインストール

  WebサイトからZIP形式の圧縮ファイルをダウンロードして、解凍したフォルダをUSBメモリにコピーする。

●クリスタル・ディスク・インドの配布先

ソフト名 CrystalDiskInfo
配布先 http:///crystalmark.info/
提供 ひよひよ氏        OS 8/7/Vista

●ダウンロード&解凍、USBメモリにコピーする

図1.上記の配布先のURLをクリックすると、下記画面が表示されるので、「通常版のポータブル(zip)の2.5MB」をクリックする(@)。
図2.ダウンロードしたZIP形式ファイルを解凍する(@A)。解凍したフォルダをUSBメモリ内のフォルダにコピーする(B)。
図3.USBメモリにコピーしたフォルダを開くと、2つのフォルダと1つのファイルが生成されている(@A)。
             topへ

ソフトを起動する

 ソフトを起動するだけで「正常」「注意」「異常」のいずれかで、HDD/SSDの健康状態が表示される。
図4.USBメモリに保存したフォルダの中から実行形式ファイル「DiskInfo.exe」をダブルクリックで実行すると(@)、「正常」「注意」「異常」のいずれかで。HDD/SSDRの健康状態が表示される(A)。
             topへ

Wi-Fiの電波状況を確認する

 Wi-Fiによるインターネットへの接続が不安定なときは、Homedale ソフトで電波状況を確認しよう。英語版のソフトだが、英語がわからなくても問題ない。ソフトを起動してアクセスポイントの画面を開くと、電波が届いているアクセスポイントが一覧表示される。電波の強さは色で分類される。緑表示の電波が強く、黄色、オレンジと続く。アクセスポイントを選ぶと、信号の強さが時系列でグラフ化される。家の中で、電波が強いのはどこかを調べられる。

Homedaleのインストール

  WebサイトからZIP形式の圧縮ファイルをダウンロードして、解凍したフォルダをUSBメモリにコピーする。

●ホームデールの配布先

ソフト名 Homedale
配布先 http://thesz.diecru.eu/content/
homedale.php
提供 The SZ        OS 8/7/Vista

●ダウンロード&解凍、USBメモリにコピーする

図1.上記の配布先のURLをクリックすると、下記画面が表示されるので、Free Download Homedale.zip をクリックする(@)。
図2.ダウンロードしたZIP形式ファイルを解凍する(@A)。解凍したフォルダをUSBメモリ内のフォルダにコピーする(B)。
図3.USBメモリにコピーしたフォルダを開くと、2つのファイルが生成されている(@A)。
             topへ

ソフトを起動する

 ソフトを起動すると、利用できるアクセスポイントが一覧表示され、信号の強さが色分けして表示される。緑表示の電波が強く、黄色、オレンジと続く。
図4.USBメモリに保存したフォルダの中から実行形式ファイル「Homedale.exe」をダブルクリックで実行する(@)。「Access Points」タブを選択すると(A)、利用できるアクセスポイントが一覧表示され、信号の強さが色分けして表示される(B)。
             topへ

家の中で電波の強い場所を探す

 選んだアクセスポイントの強さをグラフで表示させ、パソコンを移動しながら、家の中で電波の強い場所を探せる。
図5.アクセスポイント名を右クリックして、「Show Graph」を選択する(@A)。
図6.「Access Point Signale Graph」タブを選択すると(B)、信号の強さが時系列に表示される。パソコンを移動して、家に中で電波の強い場所がとこかも簡単に分かる。

 最後に、USBメモリ内にインストールしたフリーソフトの4つを 「トラブル対策ツール」グループフォルダにまとめました。


           このページのTop へ
   
このページは、下記の書庫を参照しました。
 パソコン雑誌「日経PC21」 発行 日経BP社(2014.9 P79-P80)

inserted by FC2 system