パソコン三昧 やさしい講座 〜第115回 Windows7をWindows10で使用するために〜

Windows7をWindows10で使用するために

 Windows10が、2015年7月29日に公開される。この日以降、個人向けのWindows7(サービスパック1以降)およびWindows8.1アップデート搭載パソコンは、1年限定で無償アップグレードが可能になる。
 そこで、Windows7をWindows10で少しでも長く快適に使えるように、本来の速さを取り戻す。
フリーソフトは、Windows8.1でも使えます。

無料でCドライブの空き容量を拡大する

 不要ファイルやソフトを削除したのに、思ったほど空き容量が増えないこともある。それなら次に、パーティションの変更に挑戦する。内臓HDDがCドライブとDドライブに分かれているパソコンならば、Dドライブのパーティションを縮小し、その分でCドライブのパーティションを拡大する。パーティションを変更するには、専用のフリーソフト、「AOMEI Partition Assistant Standard Edition(アオメイ・パーティション・アシスタンド・エディション)」を使用する。

ソフトのインストール

●AOMEI Partition Assistant
Standard Editionの配布先


ソフト名 AOMEI Partition Assistant
Standard Edition
配布先 http://www.disk-partition.com/
download-home.html
作者 AOMEI Technology  OS 10/8.1/7/Vista
図1. 上記配布先のURLをクリックして、表示されたページの「Download Freewaret」をクリックする(@)。次のページで「Download Now」をクリックする(A)。
図2. ダウンロードされた実行形式のファイルをダブルクリックすると(B)、インストールが開始する。「日本語」を確認して「OK」をクリックする(C)。インストールが終わると、デスクトップにアイコンが表示される(D)。このアイコンをダブルクリックするとソフトが起動する。
            このページのTop へ

Gを縮小して「未割り当て領域」を作成する

 ここでは、FドライブとGドライブを使って実行した。現在、Fドライブは、74.52GB。Gドライブは、202.08GB。これを、Fドライブを126.29GBに拡大する。Gドライブは、150.31GBに縮小する。
図3. Gドライブをクリックして(@)、画面左の「パーティション処理」欄にある「パーティションの調整」をクリックする(A)。
図4. Gドライブが表示された画面が開く。左端の丸いマークを右方向にドラッグすると(BC)、その分だけ、Gドライブのパーティションサイズが減少する(D)。「未割り当て領域」サイズを決めるまで、丸いマークを右にドラッグしていくE。サイズが決まったら「確認」をクリックする(F)。
図5. メイン画面に戻ると、FドライブとGドライブの間に「未割り当て領域」ができた(G)。
            このページのTop へ

余りを残さずFドライブを最大限に拡大する

図6. 重複ファイルが一覧表示されるので、「自動」ボタンをクリックする(G)。メニューが表示されるので、削除する基準を指定する。ここでは「更新日が新しいファイルの残して選択」を指定した(H)。
図7. Fドライブをクリックして(@)、画面左の「パーティション処理」欄にある「パーティションの調整」をクリックする(A)。
図8. Fドライブが表示された画面が開く。右端の丸いマークを右方向にドラッグする(BC)。その際、「未割り当て領域」が「0」になるまで(DE)、右端までドラッグをする(F)。最後に「確認」をクリックする(G)。
図9. メイン画面に戻ったら、「未割り当て領域」がなくなっていることと、「Fドライブ」は拡大、「Gドライブ」は縮小されていることを確認する(HI)。
この段階では変更内容を決めただけで、実際にはパーティションは変更されていない。「削除or移動」をクリックする。(J)。
            このページのTop へ

実際にパーティションを変更する

図10. パーティションの変更内容を確認したら「適用」ボタンをクリックする。(@)。
図11. 処理内容をテキストでまとめた確認画面が表示されるので、「実行」をクリックすると(A)、もう一度確認画面が表示されるので、「はい」をクリックする(B)。
図12. パーティションの変更を実行中は、進捗状況を示す画面が表示される(C)。作業完了を示すメッセージが表示されたら「確認」をクリックする。(D)。
図13. パーティションの出来上がりです。「AOMEI Partition Assistant Standard Edition」を閉じれば、
拡大されたドライブで利用できるそうです。今回は、FとGドライブで実験しましたので、実際には動作確認はしていませんが、大丈夫のようです。(管理人)
                        
            このページのTop へ
 設定の見直しで起動のモタつきを解消する へ
 
このページは、下記の書庫を参照しました。
 日経PC21 発行 日経BP社(2015.6 P24-25)

inserted by FC2 system