パソコン三昧 やさしい講座 〜第69回 USBメモリで、画像や動画を手軽に閲覧&修整・加工する〜

USBメモリで、画像や動画を手軽に閲覧&修整・加工する

パソコン画面をキャプチャーをする

 「窓フォト」は、パソコンに表示されている画面を、手軽に画像ファイルとして保存できる。ウィンドウズの標準機能でもキャプチャーは可能だが、窓フォトを使えば、指定した範囲だけを手軽にキャプチャーできる。

窓フォトのインストール

 WebサイトからZIP形式のファイルをダウンロードして解凍する。解凍したフォルダーをUSBメモリにコピーする。

●窓フォトの配布先

ソフト名 窓フォト
配布先 http://www.vector.co.jp/soft/dl/
winnt/art/se487017.html
作者 ワンタッチソフト       OS 8/7/Vista/XP

●ダウンロード・解凍&USBメモリにコピーする

図1.上記の配布先のURLをクリックすると、下記ページが表示されるので、「今すぐダウンロード」をクリックする(@)。
図2.ダウンロードされた「ZIP形式」ファイルを解凍する(@A)。解凍したファルダをUSBメモリにコピーする(B)
図3.USBメモリにコピーしたフォルダの中には、3つのフォルダと2つのファイルが生成されている(@A)。
              topへ

窓フォトを起動する

 最初に「チュートリアル」が面が表示される。使用方法が記載されている。
図4.USBメモリに保存されているフォルダ内の実行ファイルをダブルクリックして起動する(@)。
最初に「チュートリアル」が面が表示される。使用方法が記載されている。次回からこの画面を表示させない場合は、「次回起動時からこのチュートリアルを表示しない」にチェックを入れて「閉じるをクリックする(AB)。
図5.「チュートリアル」画面を閉じると、中抜けのウィンドウが表示されている(@)。
図6.この中抜けウィンドウをキャプチャーしたい場所に移動してサイズを調整する(@)。
図7.「キャプチャ」タブの「範囲内をキャプチャ」をクリックする(@A)。
図8.画像の保存先、画像形式、ファイル名の入力して、「保存」をクリックする(@A)。

           このページのTop へ
        画質を劣化せずに切り抜く へ

このページは、下記の書庫を参照しました。
 パソコン雑誌「日経PC21」 発行 日経BP社 2013年8号(P91)       

inserted by FC2 system