パソコン三昧 やさしい講座 〜第70回 USBメモリで、ファイルの操作や管理・データの同期を行う〜

USBメモリで、ファイルの操作・管理を行う

どんな圧縮ファイルも一発解凍する

 会社の同僚から「取引先から送られてきた圧縮ファイルが解凍できない」と泣きつかれたらどうすればよいか。そんなときに備えて、ZIP以外のファイル形式にも幅広く対応する解凍ソフト「Archive Decoder」をUSBメモリに入れておこう。

Archive Decoderのインストール

 ウェブサイトから実行形式ファイルを入手し、USBメモリ内のフォルダにインストールする。

●アーカイブデコーダーの配布先

ソフト名 Archive Decoder
配布先 http://www.ponsoftware.com/archiver/
download.htm#arcdec
作者 Pon Software OS 8/7/Vista/XP

●ダウンロード&USBメモリにインストールする

図1.上記の配布先のURLをクリックすると、下記ページが表示されるので、「Archive Decoder Ver.2.04 ダウンロード」をクリックする(@)。
図2.ダウンロードされた「実行形式」ファイルをダブルクリックする(@)。「展開先の指定」画面で、「参照」をクリックする(A)。「フォルダ参照」画面で、USBメモリ内のフォルダを選択して「OK」をクリックする(BC)。ここでは、「Files」を選択した。
図3.「展開先の指定」画面で、USBメモリ内のフォルダが表示されていることを確認して(@)、「書庫名でフォルダを作成」にチェックを入れる(A)。すると、展開先フォルダに、「\arcde20\」が追加される(B)。「OK」をクリックする(C)。「CAB-SFX」画面で「OK」をクリックする(D)。
図4.USBメモリの「Files→arcde20」フォルダを開くと(@)、2つのファイルが生成されている(A)。
これでインストールは完了です。
                  topへ

解凍する

 解凍の仕方は、解凍するファイルを「Arcdec.exe」ファイル上にドラッグすると、解凍されたフォルダがデスクトップに表示される。手順は次の通り。
図5.USBメモリ内の「Files→arcde20」フォルダを開く。「解凍するファイルを開いたフォルダの中の「Arcdec.exe」ファイル上にドラッグする(@A)。
図6.デスクトップに解凍されたフォルダが表示される(@)。このフォルダを開くと、1つフォルダと3つのファイルが生成されている(A)。

              このページのTop へ
     ごみ箱にもないファイルを復元する へ

このページは、下記の書庫を参照しました。
 パソコン雑誌「日経PC21」 発行 日経BP社(2013.8 P85)

inserted by FC2 system